爪の果たしている役割の2番目は、「指先を飾る」ことです。

 これは、純粋にヒトの健康についてだけ考えるなら、絶対に必要な役割とは言えないかも知れません。特に、男にとってはむしろほとんど気にならないことが多いでしょう。

 ですが、無人島で暮らすならいざ知らず、社会の中で生活していくのですから、女性はもちろん、男性であっても己の外観に無頓着でいるのは許されません。

 その点で、指先は顔ほどではありませんが人目に触れやすい部分であり、装飾の対象として重要であるのは間違いないでしょう。だからこそ、爪を磨いたり着色したりといった「爪美容」が盛んに行われているわけです。

 爪は、このように指先に装飾を施す場として役立っているのです。

 ですが、ここでも「どんな爪でもありさえすればいい」というわけにいかないのはもちろんのことです。

 爪美容関係の本を見ますと、みな一様に爪を「長く」かつ「広く」見せるための技巧を紹介しています。付け爪や「甘皮処理」なども、言ってみれば爪をより長く見せるための方法なのです。なぜ、このように爪を「長く」「広く」見せようとしているのかと言えば、それは

  その方が美しいから

に決まっています。

 つまり、この「指先の装飾」という役割においても、爪の「長さ」と「幅」は極めて重要であるわけで、このことは前に挙げた「指先の保護」の役割とも共通しています。言い換えれば、ここでも

  『スコップの原理』が当てはまる

ということになるわけです。(続く)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ