爪は硬くて柔軟性もあり、しかも「裂く力」にも強いということがわかりました。

 ですが、実はこれだけではまだ爪の役割を果たすのに充分とは言えないのです。

 爪は薄い板状ですので、力を加えた際に割れたり裂けたりしなくても、

   曲がったり反ったりしてしまう

可能性があるからです。実際、もし爪で何かを引っ掻いたりほじくったりしようとしたときに爪が簡単に反り曲がってしまったらどうでしょうか? これでは不便で仕方がありません。

 ですから、爪には「曲げる力」に対しても抵抗できる性質が備わっているのです。それは

   爪の形態

です。


 一般に、薄い板状の素材があったとき、これが曲がりにくいようにするとしたら、次のように加工するのが有効と考えられます。

「曲げ」に強い形態




















 具体的には、

   1.山折りにする

   2.両端を折り曲げる

   3.筒状にする

   4.ジグザグにする

   5.波板状にする

   6.丸く彎曲させる

などの方法が候補に挙がるわけです。

 ですが、これらのうち、爪に適用可能なものと言ったら、6.の「丸く彎曲させる」方法以外に考えられません。
実際に想像してみれば、他の1.~5.の形がいかに爪の形態として不適切かよくわかることでしょう。

 爪が指の表面に沿って丸く彎曲しているのには、このように

   曲がったり反ったりしにくくする

という意味合いがあったわけなのです。


 このように、爪はその材質・構造・形態の全てが実に合目的的にできていることがわかります。これらが相俟って、爪の強さが成り立っているのです。

 これは、まさに「造化の妙」と呼ぶに値するのではないでしょうか。


(この項終わり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ