巻き爪の真の原因は

   歩かなすぎ・使わなすぎ

であることを説明しました。

 ここで、皆さんからは次のような反論が出てくるのではないでしょうか?

   「私は沢山歩いているのに巻き爪になった! これは矛盾ではないのか?」


 ですが、矛盾ではないのです。なぜなら、大切なのは

   「足の指に圧迫力がかかること」

であり、ただ歩きさえすればいいというものではないからです。


 人並み以上に歩いているのに巻き爪になってしまった人の話を聞きますと、次のような共通点があることに気付きます。

   ○ ハイヒール、ミュール、パンプスといった「先細の」おしゃれ靴をよく履いている。

   ○ 足の指の付け根、特に親指から中指にかけての付け根に痛みがある。

   ○ 足の親指に体重をかけると痛いので、あまり体重をかけないようにして歩いている。

   ○ 外反母趾がある。


 いかがでしょうか? あなたにも当てはまりませんか?

 このような場合は、たとえ歩いていても巻き爪を防ぐことにつながらないのです。なぜか? 話を先に進めましょう。


 まず、ハイヒール・ミュール・パンプスといったいわゆる「おしゃれ靴」は本来、

   歩くための靴ではありません。

 これらの靴は

   足を美しく飾るための靴

なのであって、歩くのに適した造りにはなっていないのです。

 これらの靴を履いていると指先が窮屈になるため、「指で地面を踏みしめる」ことができません。

 特にハイヒールなどは指の付け根で体重を支えるようになっているため、なおさら指先に力を加えにくくなっています。

 ですから、こういった靴を履いていくら歩いたとしても、指の腹に圧迫力が加わらないため、「爪を平たくする力」も生じようがありません。これでは巻き爪を防ぐことはできないのです。

 また、「足の指の付け根が痛む」というのは、つまりそこに体重がかかっていることによるものであり、指先には体重がろくにかかっていないことになるので、やはり巻き爪を防止することはできません。

 「指先に体重をかけないようにしている」などというのは、まさに巻き爪を進むに任せている状態と言えます。もっとも、そういう状態はもうすでに巻き爪がかなり進行しているのでしょう。

 外反母趾というのも問題で、外反母趾になると親指が横に寝てしまったり隣の指の上に乗っかってしまったりして、「親指に体重をかける」ことができなくなります。すると、当然「爪を平たくする力」も加わらなくなるわけで、いくら歩いても巻き爪を防ぐ効果は期待できないことになるのです。


 「歩いているのに巻き爪になった!」というのが、全く不合理でないことがおわかりになりましたでしょうか?

 巻き爪にならないためには、ただ歩いてさえいればいいのではなく、

   足の指にしっかり体重をかけて

歩かなければならないわけです。


 そのためには、靴にも充分に気を配って「歩きやすい靴」を使うことが大切なのです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ