巻き爪の原因について考えてきましたので、ここらで一度、陥入爪に話を移しましょう。


 陥入爪とは、

    「爪の縁が指の肉に食い込んで出血や痛みを起こしている状態」

と説明しました。

 では、陥入爪の原因は何でしょうか?

 よく言われるのは、

    「窮屈な靴(ギャグではない)により指が圧迫されるため」

という説明です。

 なるほど、一理あります。確かに指が圧迫されなければ陥入爪は起こりにくくなるでしょう。

 ですが、これは「真の原因」ではなく、

    「大きな誘因の一つ」

と言うべきものなのです。


 では、陥入爪の本当の根本的な原因とは何でしょうか?

 それは、

    深爪

つまり

    爪の切りすぎ

なのです!


 試しに考えてみてください。

 もし、爪が指の先端を越えて長く伸びていたとしたら、陥入爪は起こるでしょうか?

 いいえ、例え指を強く圧迫したとしても、例え巻き爪になっていたとしても、そう簡単に爪の縁が肉に食い込むことはないはずです。爪の縁は包丁みたいに「切れる」ものではないのですから。


 爪が肉に食い込むためには、

    爪の縁がカミソリのように鋭くなっている

か、または

    爪の角が肉に突き刺さっている

かのどちらかの状況がなければならないのです。

 「爪の縁が刃物のように鋭くなる」ことは普通は起こりませんので、残る可能性としては、「爪の角が肉に突き刺さる」ことしかありません。

 そうなると、爪の角が肉に突き刺さるためには爪の角が指の先端よりも手前に位置していなければなりません。なぜなら、爪の角が指先よりも先にあったら、爪がUターンでもしない限り肉に刺さることはあり得ないからです。

 では、「爪の角が指先よりも手前に位置している状態」とはどういうことかと考えれば、それは「爪を短く切りすぎた状態」、すなわち

    「深爪」

に他なりません。

 つまり、陥入爪が発生するためには深爪をしている状態になければならないのです。

 深爪をして、爪の角が肉にすっぽり包まれた状態の時に指を圧迫されるから、爪が食い込んで陥入爪になるのです。

 そして、もし、肉に包まれた爪の角が「角張って」いたり「尖って」いたりしたらどうでしょうか? 爪が日々伸びて行くのですから、肉に突き刺さるのは当たり前だとお思いになりませんか?


 これで、深爪が陥入爪の一番根本的な原因であることがおわかりになったでしょう。

 逆に言えば、

    爪を伸ばして指先から出してしまえば、

陥入爪は治り、再発も防げる

ことになるのです。


 現在の最先端の陥入爪治療も、これを目指したものとなっているのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ