これまで、爪についての基礎的な話を中心に記事を連載して参りました。爪の病気とその治療法を理解するためには、ぜひとも知っておいて戴きたいことだったからです。

 ですが、現時点で爪の問題を抱えていらっしゃる方にとっては、些かくどい印象があったかも知れません。中には、

   「もう一般論はいい加減にして具体的な治療の話に入れ」

とお思いの方もいらっしゃることでしょう。

 そこで、ここからはいよいよ爪治療の実際についての説明に入っていくことと致します。


 ですが、適切な爪治療について説明を始める前に、まず、大部分の医療機関で現在行われている「治療」のうち、受けない方がよい不適切なものから先に説明しておきたいと思います。なぜなら、こういった不適切な「治療」は一旦受けてしまうと治癒が長引いたり、場合によっては、二度と元に戻せない弊害をもたらすこともあるからです。

 皆さんには、少なくともここで挙げる「治療」を受けることがないようにするために、先にご紹介しておくことにするわけです。

 もし、現在すでに同じ「治療」を受けている方がいらっしゃいましたら、ぜひとも一度よく検討されることをおすすめ致します。お迷いの場合は、遠慮なく私の爪専門外来にご相談ください。その「治療」を継続すべきかどうか、意見を述べさせて戴きます。

 なお、ここで「治療」とわざわざカギ括弧をつけている理由は、これから挙げる処置が本当に「治療」と呼べるものなのかどうかがそもそも問題であるからです。具体的には、各項目で詳しく説明して参ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 まず、巻き爪・陥入爪の不適切な「治療」として筆頭に挙げなければならないのは、

   抜爪(つまり、爪を抜くこと)

です。

 但し、ひどい陥入爪で瘭疽や骨髄炎などを起こしている場合には、やむを得ず抜爪を行うことがあります。ですが、よほど放置していない限りそのようなことは起こらず、抜爪などしなくても治療可能なことがほとんどです。ましてや、ただの巻き爪(陥入爪を合併していない)なら、抜爪を要する場合は全くありません。

 抜爪という「治療」は、以前はかなり盛んに行われていたそうです。特に年配の医師で昔軍医をされていたというような先生ですと、陥入爪を見て

   「あぁ、これはもう抜かなきゃ駄目だなぁ」

と言って、麻酔もなしに爪を抜いてしまうということが実際にあるということです。

 歯科医にも「すぐ歯を抜こうとする先生」と「できるだけ抜かずに頑張ろうとする先生」とがいらっしゃいますが、皮膚科医にも同じように「すぐ爪を抜こうとする先生」が一部にいらっしゃるようです。

 考えようによっては、抜爪は

   一見、根本的解決のように思える

方法であり、しかも手技もそう難しくないため、安易に行われるのもわからなくはありません。時には、患者の側から抜爪を希望する場合さえあるくらいです。

 ですが、この抜爪という方法は、後先のことを考えない、まさに

   「後は野となれ山となれ」的な処置

なのです! その場は確かに辛い痛みから解放されて清々しい気分を味わえるかも知れませんが、後になればまた同じような痛みに苦しまなければならなくなるのです。いや、場合によっては、

   もっとひどい目に遭う

ことすら少なくないのです。

 つまりは、この抜爪という処置は単なる「その場しのぎ」でしかなく、後で患者が苦しむことを考えると、「その場しのぎ」よりももっと悪いとも言えるのです。


 どのように「悪い」のか、これから具体的に説明して参りましょう。


(続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ