これまで、長きにわたって消毒薬の性質・作用について説明して参りました。やや専門的な内容にも踏み込んでいるので、些か難しい印象を持たれた方もいることでしょう。

 ですが、これも「消毒するということ」が本当はどういうことなのか理解して戴くためには、ぜひとも必要なことなのです。

 と言いますのは、世間一般(いや、医療界においてさえ)における「消毒」のイメージが、あまりにも事実とかけ離れている現状があるからです。

 皆さんは、「消毒」と言うとどのような印象をお持ちになりますか? 恐らくは、「傷から有害なものを取り除き、傷の治りを速めてくれる」というような感覚をお持ちなのではないでしょうか?

 ですが、残念ながらそれは

   幻想

に過ぎないのです。私が長々と消毒薬について説明してきたのも、世間一般に広まっているであろうこの幻想を打破するための予備知識を得て戴くためだったのです。

 それでは、いよいよ「消毒」の本当の意味を明らかにして、これまで抱かれていた「消毒」の認識が誤りであったことをご納得戴くことにしましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一般に、「消毒」について皆さんが感じていらっしゃる効果というものは、おおよそ次の3つにまとめることができます。

  1.消毒は傷をキレイ(清潔)にする

  2.消毒はバイ菌(細菌)だけを殺す

  3.消毒は傷の治りを速める


 だからこそ、みんな自ら消毒薬を買い求め、痛いのを我慢して消毒を繰り返しているわけです。

 ところが、これらは

   全て間違い

なのです。これらには何の根拠もなく、言わば医学における

   神話

でしかないものなのです。

 事実はむしろ逆であり、本当は

   消毒は傷を化学物質で汚染する

   消毒はバイ菌だけでなくヒトの細胞も殺す

   消毒は傷の治りを妨げる

と言うべきなのです。


 では、これは一体どういうわけなのか、これから順番に説明して参りましょう。


(続く)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi@livedoor.com



人気ブログランキングへ