さて、これから巻き爪・陥入爪に対する具体的な手術療法について述べていくわけですが、以前にも申しました通り、私は

   「(原則として)巻き爪・陥入爪に対する手術は悉(ことごと)く不適切である」

と考えております。ですから、これからご紹介する様々な手術療法は(程度の差こそあれ)「全て不適切である」と言ってよいのです。

 ですから、皆さんも巻き爪・陥入爪で手術をすすめられても決して安易に受けてしまわないよう重々ご注意戴きたいと思います。ことによると

   「もう手術以外に治療法はないっ!」

と断言される場合さえあるかも知れませんが、それでも即決はせず、考える機会を作って戴きたいのです。手術は、これまで述べてきた「処置」とは異なり、

   一度受けてしまったらもう元には戻せない

性質のものだからです。私の「爪専門外来」にも、不適切な手術の結果として深刻な不都合を抱えた患者が訪れることがありますが、残念なことに手術前の状態ほど良好な状態に戻すことはまず不可能なことが多いのです。もし、お迷いの方がいらっしゃいましたら、ぜひとも

   手術前に

メールなどでご相談戴きたく存じます次第です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 では、早速巻き爪・陥入爪に対して行われる「手術」についてとりあげて参りましょう。

 なお、ここで「手術」と括弧で括ったわけは、「本来、手術というものは治療の手段として行われるべきものだから」であり、これからとりあげるものは、そういう意味で「手術」とは言いがたいものであるからです。

 「治療」と呼ぶからには「前よりも後の方が改善していなければならない」のは当然の話です。ところが、これから述べていく「手術」は「前と後とでほとんど改善が見られない」か、むしろ「前よりも後の方が悪くなってしまう」ものばかりなのです。

 もちろん、その中には程度の違いがあります。そこで、まず最初にあらゆる意味で

   不適切としか言いようのない

ひどい例からとりあげて参ることと致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 最初にとりあげるのは

   爪を生えなくする「手術」

です。

 これは以前とりあげた「抜爪」とは異なります。「抜爪」は爪甲のみを抜き去り、爪を造る「爪母部」は残しているのに対し、これは「爪母部を含めた指先の肉をごっそり切除してしまう」ものなのです。それによって二度と爪が生えて来ないようにしてしまおうというわけです。

 如何でしょうか? 一般の人はきっと

   「何て恐ろしい『手術』だろう!」

と思うことでしょう。ですが、中には

   「何て素晴らしい『手術』なんだろう!」

とお思いになる方もいるかも知れません。きっとその方はひどい巻き爪・陥入爪で長年苦しんでいらっしゃる方に違いありません。


 「抜爪」のところでも述べましたが、巻き爪・陥入爪で苦しむ患者の中には、

   「もう爪なんてなくなってもいいから、この痛みから解放してくれ!」

と真剣に願っている方が決して少なくないのです。そういう方からすれば、この「爪を生えなくする『手術』」というのは

   究極の根治療法

のように感じられるのも無理はないのです。


 ですが、この考えは非常に危険です。

 確かにこの「手術」を受ければ巻き爪・陥入爪はなくなり、再発する危険も全くありません。何しろ「爪がない」のですから。では、それでよいのかと言えば

   全然よくない

のです。

 この手術は一見「巻き爪・陥入爪の根治手術」と言えるようですが、実は

   「障害を作り出している乱暴な行為」

なのです!

 まず第一に、爪がなくなると指の見た目が「のっぺらぼうの顔」のように異様なものになります。そして、これはどうにもごまかしようがありません。歯なら抜いてしまっても入れ歯や差し歯で何とかすることができますが、爪ではお手上げです。まさか差し歯のように「差し爪」(「刺し爪」ではない)などするわけにも行きません。「人工爪」にしても、土台となる爪があるからこそ付けられるわけですから、爪のない指には使えません。歯のように「インプラント」でもすれば何とかなるかも知れませんが、まさか爪の再建のために指先にインプラントを入れようなどという人はいないでしょう。

 そして、もう一つ、もっと重大な問題が生じるのです。それは

   「指の機能障害」

です!

 ここで皆さんには、このブログで以前くどいほど強調した「爪の存在意義」(http://biso-tsushin.doorblog.jp/archives/11921362.html)、そして「爪医学の黄金原則」(http://biso-tsushin.doorblog.jp/archives/12595790.html)をぜひとも思い出して戴きたいと思います。つまり、

   「爪治療においては、爪の長さと幅とを保つ、または
回復させることを最優先とすべきである」(爪医学の黄金原則)

ということです。つまり、爪には大切な機能があり、それを果たすためには爪の長さと幅が保たれていなければならないのです。

 それなのに、この「手術」を受けてしまったら、もう爪がなくなってしまうのですから長さも幅もありません。

 爪の機能が失われてしまったら、どんなことが起こるでしょうか?

 指先が衝撃に弱くなり、ちょっとぶつけただけですぐに怪我をして出血してしまうようになります。指先を保護するために指先の皮膚の角質が厚くなり、タコやひび割れができやすくもなります。

 また、指の腹に力を加えられなくなるため、「踏ん張り」が利かなくなります。つまり、足の機能が障害されるのです。これは日常生活でも問題になりますが、スポーツをする人にとっては決定的な「障害」となります。およそ「スポーツ」と呼ばれるもので足を踏ん張らないものなどほとんどありません。例外と言えば水泳くらいでしょう。こういったほとんどのスポーツで「足の踏ん張りが利かなくなること」は、もうそれだけで

   「重大な欠陥」

になってしまうのです。ましてや、バレエダンスなどは全く不可能になり、もしバレリーナだったら引退を余儀なくされることでしょう。

 こういった「障害を持った人」を作り出してしまうのがこの「爪を生えなくする『手術』」なのです。


 「瘭疽(ひょうそ)」や「末節骨骨髄炎(まっせつこつこつずいえん)」でも起こしていない限り、こんな「手術」は不要であり、逆に、起こしているとしたらむしろ指の切断まで考えないと充分な治療とは言えません。つまり、このような「手術」は

   いらない

のです。


 皆さんは、もし仮にすすめられても、ゆめゆめ「根治」だの「完治」だのといった言葉に惑わされないように重々お気をつけください。


(続く)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi8@gmail.com



人気ブログランキングへ