これまでの記事で、巻き爪・陥入爪の「標準的手術」とされている『鬼塚法』が、実は巻き爪に対しても陥入爪に対しても決して適切でない「手術」であることがおわかりになったことと存じます。

 そうなりますと、『鬼塚法』という手術はいったい何のためにあるのかという疑問がどうしても浮かんでくることになります。「『鬼塚法』が巻き爪にも陥入爪にも適用できないとしたならば、『鬼塚法』の存在価値は皆無なのか? 『鬼塚法』が役に立つ場合はないのか?」ということです。

 この疑問に対しては、私は次のように答えます。

   「『鬼塚法』が適応となる場合はある。しかし、

それは巻き爪や陥入爪ではない」

 どういうことか、これから説明して参りましょう。


 『鬼塚法』とは「爪郭爪母楔状切除術」の代表であると述べました通り、「爪の縁を短冊状に切除して爪の幅を狭くする手術」です。つまり、『鬼塚法』の本質は一言で言えば

   「爪の幅を狭くする手術」

ということになります。となると、その適応となる場合はと言えば

   「爪の幅が広すぎる状態」

であるはずです。もし爪の幅が広すぎて困る状態であるならば、「爪の幅を狭くする」手術である『鬼塚法』はまさにうってつけの治療法となるわけです。

 では、そういう「爪の幅が広すぎる状態」を呈する場合はあるのでしょうか?


 私の知る限り、そういう場合は一つしかありません。それは、

   「ラケット爪」

と呼ばれる爪の変形です。これは生まれた時からあるもので、主に両手または片手の親指(足の第1趾に生じることもある)の爪の長さが短く、幅が広くなるという変形です。爪がラケットのようになることから「ラケット爪」と呼ばれます。遺伝によって生じるという報告もありますが、現在のところ原因は不明です。

 ただ、これは異常ではありますが、特に症状があるということはなく、本人は何の不自由も感じずに生活している場合がほとんどです。ほとんど唯一の問題は見た目の不格好さのみであり、特に女性の場合には気になる場合もあり得ます。

 もし、これを「治療」するとしたならば、『鬼塚法』によって爪の幅を狭くするのがよいということになるでしょう。

 ただ、実際には特に不自由を感じていないのですから、わざわざ手術をするには及ばないと言えるでしょう。実際、手術を受けた結果として、爪の見た目がよくなったのはよいが、指先に力が入らなくなって後悔したという例(*)もあり、むしろそのままの方がよいことが多いようです。


 他には、「爪の幅が広すぎて困る状態」というものは思いつきません。


 結論としては、『鬼塚法』が真に「治療法」として役立つ場合というのはほとんどラケット爪くらいしかないということになります。しかも、それすらも手術をしない方がよいと考えられているのです。

 ですから、将来、「爪の幅が広くなる病気」でも発見されない限り、『鬼塚法』の出番はほとんどないということになります。

 『鬼塚法』は、「爪の幅を狭くする」ことを目的とする場合のみに用いられるべき手術であり、本質的に異なる巻き爪や陥入爪に適用すべきものではないのです。


(続く)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



* : 東禹彦(ひがし・のぶひこ)『爪 ー 基礎から臨床まで ー』(2004年、ISBN 4-307-40038-0)44ページ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi8@gmail.com



人気ブログランキングへ