私はこれまで、巻き爪・陥入爪について、主に不適切な処置・手術のことをとりあげて参りました。また、巻き爪・陥入爪のそれぞれについて、その意味するところを含めて、それらの原因から詳しく説明して参りました。

 その間、情報収集のために専門書・雑誌のみならず、インターネットを検索することも多かったのですが、実のところ、私はがっかりせずにはいられませんでした。

 このブログの前身である『美爪通信』(既に閉鎖)を始めたのは、2007年(平成19年)のことでしたが、その当時は(世間の爪に対する関心がこれほどまでに低いとは意識していなかったせいもあって)

   驚愕を禁じ得ませんでした。

 この「驚愕」は、情報に圧倒されてのものなどではなく、逆に、あまりの情報の「質の低さ」、つまり、

   いかに誤った情報がまことしやかに流通しているか

によるものであったのです。そして、それから7年も経っているにもかかわらず、その状況は未だに改善していないのです。


 これまでも繰り返し述べてきましたように一般の人々の爪に対する関心は実に低調であり、美容面からネイルアートなどがとりあげられることはあっても、爪の健康・病気に関する情報はまだまだ少ないのが現状です。

 しかも、その少ない情報でさえ間違っているものが少なくないのです。その傾向は、インターネット上においてより顕著であり、今でさえそれらの情報のうち6割以上が極めていい加減で誤った内容なのです。

 例えば、インターネットのサイトで次のような記載を見ることがあります。

   『巻き爪(陥入爪とも言う)』

   『巻き爪の進行したものを陥入爪と呼ぶ』

などなどです。いずれも

   全くの見当違い

です。これらの誤りに共通するのは、

   「巻き爪」と「陥入爪」の区別がついていない

ということです。

 このような基本的な区別がついていないとは、実に驚くべきことだと言えます。

 もっとも、爪に関心のない人からしてみれば、

   「そんなもの、どちらだって同じようなものじゃないか」

というような意識を持つのも無理はありません。私だって、爪医療に関わるようになる前は似たような感覚でいたくらいです。

 ですから、医療関係者でない一般の方(患者を含む)がブログやツイッターで書いているものなら、医学的に誤りであっても必ずしも責められるものではありませんし、読む側も鵜呑みにする危険は少ないと思いますから、私も取り立てて問題には致しません。


 ところが、ここで私が問題にしているのは、歴(れっき)とした医療機関や医師が公表しているホームページやブログの記載内容であり、しかも皮膚科や整形外科の専門家が書いているものなのです。これでは、一般の読者が

   「巻き爪と陥入爪は同じもの」

というような間違った認識を持ってしまっても不思議はありません。しかも、さらに問題なのは、そういった情報を公開している医療機関や医師が現実に「診療を行っている」ことなのです。


 これまでこのブログで述べてきましたように、巻き爪と陥入爪は

   原因からして異なる全くの別物

なのです。ですから、当然、その治療も全く違う考えで対応しなければならないはずのものなのです。

 なのに、それを「巻き爪と陥入爪は同じ」というような考えを持っているであろう医師が対処したら、一体どうなるでしょうか? 果たして適切な治療をしてもらえるでしょうか? これはもう、

   「推して知るべし」

と言えましょう。実に恐ろしいことと言わざるを得ません。


 このような情報を公開している医療機関が未だに存在し、診療まで行っているとは、私は何ともがっかりせずにはいられないのです。

 もし、皆さんが爪の治療を受けようとお考えの医療機関のサイトが、「巻き爪も陥入爪も同じ」という扱いをしているようでしたら、

   実際に診療を受ける前に

よくその内容を吟味されることをおすすめ致します。逆に、両者を明確に区別して扱っている医療機関でしたら、「かなり爪医療に詳しい」と考えてよいでしょう。ぜひとも、充分にご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi8@gmail.com



人気ブログランキングへ