昨年の後半から、記事更新の頻度がめっきり落ちてしまい、このブログをご覧になっている方々に申し訳なく存じております。爪についてはまだまだ書かなければならないことが沢山あり、これからも情報提供に努めますので、どうぞ、折りに触れてお立ち寄りください。

 実際、爪に対する医療の現状は依然として貧弱としか言いようのないものです。先日も私の「爪専門外来」に新規の患者がお見えになりましたが、その方は既に2箇所もの医療機関(「爪専門」と名乗っている所も含む)を受診したにもかかわらず、状態が改善せず(むしろ悪化して)、インターネットで私の外来を検索しておいでになったのです。

 このような状況を改善するには、やはり爪疾患に対する正しい対処法を広く普及させる他にありません。そのためにこのブログがわずかたりとも役立つことを祈るばかりです。


 さて、インターネットは私もよく利用いていますが、かなり前に、このブログ『新・美爪通信』を紹介してくださっている個人のブログを拝見しました。

   『★ニックと私の1年間★』
   (http://cafe-ft-2013.way-nifty.com/nick_and_me/2013/03/index.html

というブログです。

 このブログは、ご自身が陥入爪に罹患され、辛い症状に苦しめられた経験をお書きになったもので、表題にある『ニック』とは

   「肉芽(にくげ)」

の愛称とのことでした。

 陥入爪にありがちな様々な症状・経過が記されていて、実に普遍的な内容だと思います。きっと、経験者なら思い当たることが多々あるに違いありません。

 その中でブログ管理人でいらっしゃる『CAFE f.t.』さんは、私のこのブログをとりあげて推薦してくださっているのです。

   私は感謝しています。

 いささかもったいないお言葉も戴いておりますが、このようにご紹介して戴けるのは大変ありがたいことです。また、私が消毒に対する意識を新たにする機会をくださった夏井睦(なつい・まこと)先生の『新しい創傷治療』(http://www.wound-treatment.jp/)というホームページについても触れられていて、誠に嬉しい限りです。


 このブログを励みに、これからも爪医療に関する記事を盛んに掲載していこうと存じます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi8@gmail.com



人気ブログランキングへ