これまで散々、巻き爪・陥入爪に対する不適切な「治療」について述べて参りました。皆さんが爪治療をお受けになる際に、こういった「治療」を選んでしまわないよう注意して戴く意味で、最初に「避けるべきもの」を集中してとりあげたわけです。

 ですが、そろそろ

   「正直言って、もうたくさん」

と言いたい方もいらっしゃることと思います。


 そこで、今回から

   「不適切でない」

治療法に話を移していくことと致します。

 ここで「不適切でない」などという持って回った言い方をしたのには理由があります。それは、

   「適応・効果・費用などの点で問題があるものの、

   治療法自体は理にかなっている」


という意味合いを表現したかったからです。ですから、ここで挙げる治療法を受けても、以前紹介した数々の「不適切治療」を受けた場合のように悪化したり

   二度と元の状態に戻れなくなる

ということはないでしょう。

 ですが、上でも「問題がある」と言っている通り、決して

   無条件に推奨しているわけではない

ので、ご注意ください。実際、現在もこれから挙げるような治療法を盛んに行っている医療機関が結構多いので、皆さんにおかれましては、選択の際に充分にお考え戴きたいと思うのです。

 因みに、これらの治療は私の「爪専門外来」では滅多に施行致しません。もっと優れた方法を行っているからです。


 では、まず巻き爪・陥入爪のうちの陥入爪に対する「不適切でない」治療について、次回から紹介して参りましょう。


(続く)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 爪専門外来について診療・相談ご希望の方は、どうぞ下記のホームページをご参照の上、電話にてお問い合わせください。

  医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル ホームページ: http://www.fureai-g.or.jp/fhh/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 また、私個人へのメールによる問い合わせにも対応致しますので、ご希望の方は下記メールアドレス宛にご送信ください。ただし、職務の都合上、返信に日数を要することがありますので、ご諒承ください。

                             医療法人健齢会 ふれあい平塚ホスピタル 内科 宮田 篤志
                             メールアドレス: miyataatsushi8@gmail.com



人気ブログランキングへ